東北芸術工科大学の教職員・学生が執筆した論文や紀要等を掲載しているサイトです。
最新投稿

令和2年度文化財保存修復研究センター紀要 栗原典子・米村祥央・石﨑武志

総ページ数

P6

ブックの説明

土質遺構の含水率分布図から検討した塩類析出と熱解析を利用した藻類のスチーム処置について
Study on the salt efflorescence and steam treatment of algae using heat transfer analysis examined from the moisture content distribution map in the soil remains

栗原典子 KURIHARA Noriko
米村祥央 YONEMURA Sachio
石﨑武志 ISHIZAKI Takeshi

 地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)の地下展示室では、旧石器時代の森やたき火跡等が残る遺跡を露出展示している。地下水の浸入を防ぐため地下20mの外壁と排水ポンプが設置されているが、開館当初から遺構面に塩類が析出し、特に樹木を支える土への影響が深刻である。2007年の調査では硫酸マグネシウムと硫酸カルシウムの析出が確認され、地下水位を上昇させ高湿度環境にすることで析出を抑制している。以前より改善されたものの、現在も標高が高いため乾燥している場所(北側から遺構中央)で析出が多いと考えられている。またこの塩類対策によって一部に藻類やカビが発生し問題視されている。藻類に対してはスチーム処置で一定の効果を得ているが、凹凸等によってスチーム機が土と密着しにくい場所は再発が続いている。
 本研究では地下水位を上昇させて塩類析出を抑制する処置が実施され12年が経過した現在、改めて遺構の現状を把握するため、遺構全体の含水率の測定と析出塩類を同定した。またスチーム処置の効果を高めるため、各含水率における処置時間を熱解析から求め、その結果をもとに処置を行った。

In the Sendai City Tomizawa Site Museum (underground forest museum), the forest and the bonfire mark about 20,000 years ago are preserved and exhibited locally. This museum has an outer wall of 20m underground and a pump for discharging groundwater. In this museum, salt efflorescence on the surface of the soil is a problem. Various investigations and measures have been done in the past, It seems the salt efflorescence has been suppressed. The 2007 survey identified magnesium sulfate and calcium sulfate and took steps to raise the groundwater level. It has been improved than before, but it is believed that salt efflorescence still occurs at high elevations. In addition, algae and mold were partially generated by this salt countermeasure. Although a certain effect has been obtained by steam treatment for algae, recurrence continues in places where the steam machine is difficult to adhere to the soil due to unevenness and the like.
In this study, We measured the moisture content distribution of the soil and identified salts. Also, in order to increase the effect of the steam treatment, the treatment time at each moisture content was obtained from heat transfer analysis, and treatment was performed based on the results.

Keywords

土質遺構、塩類析出、藻
soil remains、salt efflorescence、algae

PDFはこちら

PDFはこちらより閲覧できます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP