東北芸術工科大学の教職員・学生が執筆した論文や紀要等を掲載しているサイトです。
最新投稿
  • HOME »
  • 最新投稿 »
  • 文化財保存修復研究センター紀要 年度別

文化財保存修復研究センター紀要 年度別

平成30年度文化財保存修復研究センター紀要 論文Ⅰ 荒木徳人・米村祥央・石崎武志

総ページ数 P7 ブックの説明 論文Ⅰ 石鳥居を構成する石材の材質分析による風化特性の基礎的研究 当大学の文化財保存修復研究センターでは山形県 山形市鳥居ヶ丘にある重要文化財「鳥居」を対象に 部材の産地推定や保存に向けて …

平成30年度文化財保存修復研究センター紀要 論文Ⅱ 中右恵理子・長峯朱里

総ページ数 P14 ブックの説明 論文Ⅱ 高橋由一作《鮭図》の絵画材料および技法について 平成28年度の受託研究として、東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センターにおいて、山形美術館 寄託高橋由一作《鮭図》の光学調査お …

平成30年度文化財保存修復研究センター紀要

総ページ数 P90 ブックの説明 平成30年度文化財保存修復研究センター紀要 全ページ PDFはこちら PDFはこちらより閲覧できます。

平成29年度文化財保存修復研究センター紀要 澤田正昭

総ページ数 P7 ブックの説明 学術調査 Ⅰ 石造文化財保存処理の現状と課題 人間が創り伝えてきた歴史は、人類社会の進む べき方向、理想的なあり方を示唆すると言われる。 そのひとつが文化遺産や遺跡であり、それは人類 社会 …

平成29年度文化財保存修復研究センター紀要 石澤夏帆・米村祥央・石﨑武志

総ページ数 P8 ブックの説明 学術調査 Ⅲ 寒冷地における石造文化財の劣化調査と保存対策に関する研究 ―石材の樹脂処理法を中心に― 岩手県平泉の毛越寺庭園遣水の景石は石の割れや 表面の剥離が激しいため、保存処理が検討さ …

平成29年度文化財保存修復研究センター紀要 金澤馨(担当教員:米村祥央准教授)

総ページ数 P7 ブックの説明 学術調査 Ⅳ 近現代彫刻作品の保存修復 ―阿部誠「バスの中で」を対象として― 20世紀以降、日本には西洋彫刻の伝来により、 表現主義を初めとした新たな表現形態が普及し、 作品に用いられる素 …

平成29年度文化財保存修復研究センター紀要 米田奈美子・長峯朱里

総ページ数 P2 ブックの説明 東根市所蔵 武田靖夫作≪牧童≫の保存修復 ○作 者:武田靖夫 ○作品名:牧童 ○寸 法:1305mm×1630mm 100号 F型 ○材質技法:油彩/布(ジュート) ○署 名:黒絵具 画面 …

平成29年度文化財保存修復研究センター紀要 柿田喜則・笹岡直美・井戸博章

総ページ数 P12 ブックの説明 善寳寺五百羅漢像保存修復業務 2017年度事業報告 本事業は龍澤山善寳寺(山形県鶴岡市)五百羅 漢堂内安置の500体を超える仏像群に対する保存 修復事業で、宗教法人善寳寺(第42世五十嵐 …

平成29年度文化財保存修復研究センター紀要 石﨑武志(1)

総ページ数 P3 ブックの説明 重要文化財「鳥居」詳細調査(第二次調査) 平成29年度に山形市より、重要文化財「鳥居」 詳細調査(第二次調査)に関する受託を受けた。 調査目的としては、重要文化財「鳥居」の保存修 理方針検 …

平成29年度文化財保存修復研究センター紀要 石﨑武志(2)

総ページ数 P2 ブックの説明 重要文化財「鳥居」冬季養生の効果検証及び周辺環境調査 平成29年12月9日(土)に、石鳥居の簡易養生 を行った。養生の様子を写真1に示す。この養生 の際に、養生表面および、石材表面の温度を …

1 2 3 »
PAGETOP